ライフネット生命は支払い余力が充分にある企業です

生命保険会社は、たくさんの契約する人が居て成り立ちます。
保険会社は契約した人達から集まったお金を管理して、運用して行くのです。
その、金額は非常に大きなものですから、契約してる人達の生活・その他の人達へも影響の及ぶ場合があります。
ですので、生命保険会社が健全運営できるか・契約者がキチンと保護されるように国が保険業法を取り決めていて、免許の必要な事業とされているのです。
この、ライフネット生命は、法律で定められてる内閣総理大臣の許可を得なければならない免許を取り、金融庁の監督下で保険業法へ沿って運営されてます。
では、テーマの支払い余力ですが、これは経営の健全性を測るソルべンシー・マージン比率で知ることができるのです。
ソルべンシー・マージン比率というのは、株式市場の暴落・大災害の発生した時、予想だにしなかった保証の支払いが発生した場合、支払い余力・能力はどうなのかという判断材料となる経営指標・行政監督をするうえでの、指標となります。
その指標が、ライフネット生命は2、091.9%もあるので、支払い余力が充分にあるといえるのです。
http://recruit.netseiho.com/assignment/