ライムで楽しむヒップホップ

ヒップホップを聴くうえでリリックとライムとフロウ、この歌における3つの成分を理解すると、より一層にヒップホップを楽しむことが出来ます。
中でもライムはヒップホップ音楽を構成する最も重要な部分であり、ラッパーのスキルを示す物差しと言えるでしょう。
ライムは日本語にすると「韻」であり、DJが奏でるビートに乗せて母音を合わせる事です。
初めて聴いた人はオヤジギャグだと勘違いしてしまうのですが、ヒップホップのみならずライムは他多くのジャンルでも採用されており、独自の縦ノリを生み出すのに必要不可欠な歌唱スキルとなっています。
ヒップホップは最もライムを必要とする音楽ジャンルで、ライムさえしっかり構成されていればメロディが無くとも、グルーヴを生み出すことが出来ます。
また、近年のビルボードホットチャートにランクインする楽曲は、ヒップホップ以外のジャンルでもリリックにライムが含まれています。
Maroon5やJustinBieberといったアーティストでさえグルーヴを重視したライムを披露しているので、ヒップホップのライムが生み出した独自のグルーヴは多くのアーティストに影響を与えています。
ここ数年は日本のフリースタイルでもライムが重要視されており、ライムを意識するだけで全世界の音楽をより一層楽しめるようになるのです。http://ruthless.tokyo/articles/42