橋梁補修はこれからの建設業界で注目されています

これからの時代は、今まで建設された道路、橋梁などのインフラストラクチャーを補修しながら大切に使っていくこと、すなわち「ストックマネジメント」が、重視されています。
特に公共事業で建設された多くの橋梁があります。
これらの橋梁を全て架け替えるのには莫大な費用が必要となりますから、橋梁を補修しながら利用して、長持ちさせることが、昨今の経済情勢や、財政状況の観点から強く求められている時代です。
そのため橋梁補修の技術が、これからの建設業界においては鍵となる技術といっても過言ではありません。
一口に橋梁といっても、コンクリート橋、鋼橋などの材料の違いがあり、また、構造も単純桁、アーチ、斜張橋など様々に分類されています。
それぞれの橋梁に適した補修工法を選択していくことが大切です。
そのためには橋梁補修について経験の豊富な株式会社山新工業の技術力を活用していただければ、より一層の施設の長寿命化やコストの縮減に役立つことになります。